ブログ

自分以外の従業員全員が別会社に転籍してしまったという事実上の解雇の状況で,転籍先の会社から未払い給与と解決金の支払いを受けた事案

在籍した会社の従業員のうち,依頼者以外の全員が,新たに設立された会社に転籍したが,依頼者だけが転籍を許されなかった事案で,未払い給与もあり,どう対応すればよいかという相談内容。

事実上の解雇と考えましたが,在籍していた会社は事実上休眠してしまっていて,代表者とも連絡がつかないという状況であったため,新しい会社に対して,事実上解雇されたので不当であるという主張をすることにしました。

具体的には,在籍していた会社と,新しい会社は,形式的には法人格が別であるが,事実上同じ会社であるという法人格否認の法理という法理論を根拠とすることにしました。

相手にも代理人弁護士が入り,事実上不当な解雇である旨認めてもらい,それまでの未払い給与と解決金3か月分の支払いを受けるという条件で和解しました。

関連記事

  1. 会社の退職勧奨が違法であり実質的な解雇と言えるのではないかが争わ…
  2. 解雇について一定の理由はあるものの,不当な動機・目的があるとして…
  3. 長年働いてきた会社を能力不足を理由に突然解雇された事案
  4. 入社して1年で突然、能力不足や職場の風紀を乱したことを理由に解雇…
  5. 事実上の退職勧奨に対して給料9か月分の支払いを受けて合意退職をし…

カテゴリーから探す

最近の記事

PAGE TOP