弁護士 成田 翼  所属弁護士会 第一東京弁護士会

  • 解雇の裁判は、
    労働者に優位な判断が多い!
  • 不当解雇の場合、解雇以降の
    未払い給料を支払う義務がある!
  • 解決金を貰って、
    会社を辞めることも可能です!
  • 一方的な理由で解雇は出来ない

実は‥

解雇は
原則無効
なんです!!

現在の日本の法制度では、
雇用者が労働者を解雇することは
かなり厳しい法的制限があります。
そのため、世に横行している解雇の多くが
厳密には違法な解雇といえます。

もしあなたが解雇されたことに
疑問があるのであれば、
その疑問を納得のいく形で解決する道は
残されている可能性が高いといえます。

解雇の種類とは?

  • 懲戒解雇というのは、就業規則に基づく懲戒の一つとして行われる解雇であり、懲罰的意味合いがあります。使用者が懲戒解雇を行うには、予め就業規則でこれを定めて周知仕手おく必要があり、そのような手続がない場合には、仮に労働者に重大な落ち度があるような場合でも懲戒解雇は無効とされる余地があります。

  • 整理解雇というのは、会社の経営が思わしくなく、どうしても人員整理(いわゆるリストラ)をしなければ経営を立て直せないような状況の場合に、かなり厳格な要件の下に行われる解雇のことです。

  • 普通解雇というのは、分かりやすくいうと懲戒解雇と整理解雇以外の解雇のことをいいます。たとえば病気で会社を1年以上休んでいるとか、専門職として採用したのに専門的能力が著しく欠如しているなどの理由で解雇となる場合です。

ワンポイント

解雇に似ていますが法的には解雇と異なるものとして、退職勧奨や諭旨解雇などもあります。退職勧奨というのは、使用者から、解雇するとまで断言しないが、辞めてくれないか、辞めた方がいいんじゃないか、など正に退職を勧奨してくるケースです。これに労働者が応じる場合には原則として解雇ではなく自己都合退職となり、使用者側にも後の紛争を予防するという意味で意味のあるものですが、退職勧奨が行き過ぎると違法となり損害賠償の対象となることもあります。諭旨解雇というのは、意味は必ずしも一義的ではありませんが、一般的には、本来は懲戒解雇相当だが労働者が自発的に辞めることを受けいれる場合には懲戒解雇とせず自己都合退職扱いとするものです。

ちなみに・・・

解雇無効を争う間、生活費はどうすれば?

解雇された後にその無効を争う場合、弁護士が介入してすぐに解決することもありますが、裁判等に移行するとどうしても解決まで相当期間かかってしまうことがあります。
そのような場合にも、雇用保険(失業保険)の利用などで生活を維持していくことができます。また、解雇無効を争っている場合でもアルバイトはもちろん再就職をすることもできます。失業保険や再就職が難しく貯蓄もないというような場合には、賃金仮払いの仮処分という保全処分によって仮に賃金を払うことを求めるということも制度上は可能ですが、認められる要件はかなり厳格です。

どのような解決の方法が
あるのでしょうか?

解決方法は
大きく分けてつ!!

  • 職場復帰

    解雇が無効であれば職場復帰できるというのが原則となりそうですが、実は職場復帰を強制する方法というものはなく、解雇が無効であることを前提に任意的に職場復帰を促す形になります。

  • 金銭保証

    違法な解雇により損害を受けたとして金銭的解決を図る方法です。なお、無効であった場合には、解雇が無効であると交渉や裁判で確定するまでの間の賃金を請求することも可能です。

弁護士法人エースが
選ばれる4つの理由

  • 労働事件に強い弁護士が
    相談から解決まで
    一貫して担当

    労働事件は、弁護士法人エースの注力分野の1つであり、多くの経験と研鑽を日々積み重ねていますので、労働事件については正確な見通しで戦略を立てることができます。また、相談時からの担当制を採用することで、相談してくれた弁護士と実際に案件担当となる弁護士が変わってしまうということもなく、最も事情を正確に把握している弁護士が最後まであなたの味方として戦います。

  • 相談すれば分かる安心感

    いかに優れた知識や経験があっても、依頼者の方と代理人弁護士の相性が悪ければ、満足のいく結果に繋がりません。弁護士法人エースの弁護士の相談は、フレンドリープロフェッショナルを意識し、相談者の方の希望と法的観点からのアドバイスをしっかりと行います。一度ご相談いただければ、弁護士のイメージが良い意味で変わると思います。相談料は頂いていませんので、是非お気軽にご相談ください。

  • 相談料はもちろん
    着手金も無料

    弁護士法人エースは、相談料だけでなく着手金も無料にするという、ご依頼いただきやすい弁護士報酬体系を用意しました。これは、ご依頼を受けた以上は一定程度の結果を残せるという自信の表れでもありますが、何より、不当解雇の憂き目にあっている相談者の方に、まずご依頼いただかなくてはサポートしたくてもできないという発想があるためです。当たり前のことですが、相談に来られたからといって、ご依頼を強制するようなことはありません。

  • 幅広い視野で
    解決策をご提案

    解雇かれたという事実は、生活上も精神上もかなりインパクトがある出来事ですので、まず解雇されたことを中心に色々と考えてしまうことはやむを得ないところです。しかし、思いもよらないところに解決のヒントがある場合もあり、そのようなヒントを見つけるためには、幅広い視野をもったアドバイスのできる人が必要です。ただ、解雇の衝撃の中にある当事者の方では、実際にはそのようなことはかなり難しいため、弁護士法人エースの弁護士は、そういった冷静で広い視野をもったアドバイスができるよう努めています。 ご相談だけでも、お気軽にお越しください。

専門性と対応力が強みです

弁護士法人エース 所属弁護士

  • 弁護士馬場 龍行 所属弁護士会第一東京弁護士会
  • 弁護士竹内 省吾 所属弁護士会第一東京弁護士会
  • 弁護士成田 翼 所属弁護士会第一東京弁護士会
  • 弁護士鹿野 舞 所属弁護士会第一東京弁護士会

事例のご紹介

ケース1

痴漢行為で罰金刑
となった
労働者
に対する解雇

痴漢行為で罰金刑となったことが諭旨解雇の理由となるか争われた事案で、裁判所は、「従業員の私生活上の非行であっても,会社の企業秩序に直接の関連を有するもの及び企業の社会的評価の毀損をもたらすと客観的に認められるものについては,企業秩序維持のための懲戒の対象となり得る」としつつ、報道等もされておらず会社の信用を毀損してもいないことや労働者の普段の勤務態度などから解雇処分は重すぎるとして、解雇を無効としました(東京地裁平成27年12月25日判決)。
ケース2

業務遂行能力欠如
による解雇

ガスフィルターの開発製造業者に雇用されていた労働者が,業務遂行能力の欠如を理由に解雇され、その有効性を争ったケースで、裁判所は、当該労働契約上求められる能力をまず認定した上で、当該労働者にその能力が欠如していたとは認められないとして、解雇を無効とした(東京地裁平成28年8月30日判決)。
ケース3

経営不振による
整理解雇

会社が、しばらく仕事がないことを労働者に通告し、そのため雇用継続が困難であるとして解雇を言い渡したケースにつき、裁判所は、会社が数年間黒字を維持して直前まで仕事を獲得していたのに突然仕事がなくなるとは考えにくいこと、当該解雇が労働者からの割増賃金請求の後にされていることなどを考慮すると整理解雇の要件を満たさないとして、解雇を無効とした(大阪地裁平成29年9月21日判決)。

その解雇、不当解雇
ではありませんか?

ご相談の流れ

  • 証明書の発行

    会社など使用者に対して「解雇理由証明書」の発行、交付を求めましょう。解雇した労働者から求められた場合には、使用者は解雇理由証明書を発行する義務がありますので、確実に受け取っておきましょう。

  • ご予約

    解雇理由に納得がいかない場合には、少しでも早く労働問題に強い当事務所に御相談ください。HPまたはお電話より無料相談のご予約をお願いします。

  • ご相談

    ご予約頂いた日時に当事務所にお越しいただき、担当弁護士に御相談ください。解雇には、解雇理由証明書に書かれるような表立った理由だけでなく、様々な理由や思惑が隠れていることがあります。そのような周辺事情も含めて、その解雇が無効な不当解雇なのか、金銭補償を得られるかの見通しなどを相談してください。

費用・料金体制

  • 相談料・着手金

    0

  • 完全成功報酬

    20万円

    経済的利益の
    24%

※事案により着手金無料でお受けできないケースもあります

泣き寝入りする必要はありません

よくある質問

不当解雇を規制する法律は?
どんな場合に解雇は無効になる?
解雇された場合の相談窓口は?
解雇が無効になるとどうなる?
解雇無効の強烈な効果,バックペイとは?
不当解雇を争っている期間の生活費?
試用期間満了時に本採用を拒否された場合も金銭補償を受けられますか?
内定取消の場合にも金銭補償を受けられますか?
内々定を取り消された場合に金銭補償を受けられますか?
雇い止めの場合にも金銭補償を受けられますか?

事務所概要

事務所名
弁護士法人エース
銀座事務所概要
〒104-0061 
東京都中央区銀座6-3-9 銀座高松ビル901
横浜事務所概要
〒231-0012 
神奈川県横浜市中区相生町2-42-3 横浜エクセレント17-6階A
立川事務所概要
〒190-0012 
東京都立川市曙町1-25-12 オリンピック曙町ビル403
0120-905-959 24時間受付中!不当解雇なのか無料相談する 無料相談フォーム
0120-905-959 24時間受付中!不当解雇なのか無料相談する 無料相談フォーム