ブログ

入社して1年で突然、能力不足や職場の風紀を乱したことを理由に解雇された事案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相談者は、入社してから1年経ったころ、突然、会社から、能力不足や、職場の風紀を乱した等という理由により、解雇を言い渡されました。

これに対し、能力不足という会社の解雇理由は事実に反するため解雇の効力を争い、復帰を目指すとともに、あくまで退職させたい場合には相当の解決金の支払を求めるという方針のもと、会社側と交渉を行いました。

会社側にも代理人の弁護士が就き、訴訟外で交渉したところ、依頼からわずか2か月足らずで、給料半年分の支払を受けたうえで、解雇については撤回させ、合意退職のかたちで解決することができました。

関連記事

  1. 解雇について一定の理由はあるものの,不当な動機・目的があるとして…
  2. 長年働いてきた会社を能力不足を理由に突然解雇された事案
  3. 会社の退職勧奨が違法であり実質的な解雇と言えるのではないかが争わ…
  4. 自分以外の従業員全員が別会社に転籍してしまったという事実上の解雇…
  5. 事実上の退職勧奨に対して給料9か月分の支払いを受けて合意退職をし…

カテゴリーから探す

最近の記事

PAGE TOP